毎月お金が足りない!収入を増やす方法!!

毎月お金が足りないので収入を増やす方法を考えました。

私は母子家庭で大学に通い、家からはあまり援助は望めなかったので、スーパーでのアルバイトの収入で昼ごはん代などをまかなっていました。
しかし、食べたいものや栄養のありそうなごはんを買うとなると、一度の昼食で500円以上かかってしまうことがよくありました。
また、昼ごはんを買おうと思って買い物に行ったのに、お菓子を見ると食べたくなって買ってしまったり、いらないものまで買ってしまうので、余計な次々にかさんでお金がいつもありませんでした。

時には一人暮らしのアパートの家賃が払えない時もありました。
そんな時には⇒《家賃が払えない・滞納するとどうなる?家賃滞納しない為の対処法》にお世話になりました。

私は、まず昼ごはん代をゼロにできれば相当経済的に楽になると考え、お弁当をつくって持って行くことにしました。
晩ごはんをつくる代わりに家の材料を使わせてもらい、その残りを次の日のお弁当に詰めたり、スーパーで冷凍食品が安売りの日にまとめ買いをして詰めたりしていました。
その結果、お昼ごはん代が浮くし、栄養もしっかりとれるしでいいことがたくさんありました。
しかし、お弁当をつくるとなると朝早起きしなければいけませんでした。
お弁当をつくるためにいつもより1時間~30分早起きして毎日お弁当をつくりました。
お弁当をつくるのが遅くなるとバスの時間に間に合わないし、お弁当を作らないと100円のパンなどでごはんを済ませるしかなくて、正直そこは辛かったです。
また、学年が上がると学校が忙しくなりバイトを続けられなくなり、辞めなければいけなくなりました。

そのころに小額でも生活の足しにできればと思い、バイトの代わりにランサーズをはじめました。
また、昼ごはん代を浮かせた分、私は貯金していました。
その貯金とランサーズのおかげで、バイトを辞めても本当にお金に困ってしまうことはなかったです。将来バイトを辞めないといけなくなることを見越して貯金をしてきてよかったと本当に思います。
他にお金を使っていたことといえば、彼氏とのデートでした。私は彼氏に昼ごはんをつくってあげることが多く、その時のお金はほとんど私の負担だったので、出費としてはそこそこ痛かったです。
しかし食費を節約しようと思ってからは、昼ごはんを作ってあげる日は朝刊のチラシを読んで、その日の安売りのもので昼ごはんをつくるようにしました。
おかげで料理の腕が少し上手くなったような気がします。

子供のお付き合いが増えてきてお母さん関係もお付き合いがそれなりに出てきました。幼稚園に通っているというだけでかなりお金が掛かるのですが、お母さん同士のランチやらお茶会やらといったお誘いに加えて長期休みなどで、仲良し親子で遠出しようと言われる事もよくあります。

毎月同じ収入があって同じレベルで生活を維持しているので本当hはお金も時間もそんな事に使いたくないのですがお付き合いだと思って我慢しています。

しかし何かあるとランチやらお茶会やらの集まりが好きなお母さんが結構多くて、急に今週どこでランチします、などの連絡がきます。お金に余裕のある生活をしていないのでハッキリ言ってキツいです。

このお誘いさえなければと思うことが毎回あるのでママ友に誘われる遊びやランチ、お茶会などがあると使えるお金を確認してしまうほどです。

また、主人が何か欲しいと言い出したときや子供が洋服がサイズアウトしてしまって困ってしまっているとき、または学校で習字セットや絵の具セットなどを買っておくと急に言われたときなど、結構な金額を必要とするし急に払わなくてはならないので、どこから工面するのか悩んでしまったりもします。

貯金もさほどなくて毎月使えるお金もなくて翌月にまで立て替えておくよと言う余裕もないので、急な出費などが入ったときには本当に辛くどうやったらその分捻出できるのか頭を悩ませています。

子供が来年くらいには1人で遊びに行くようになるので、その自転車やお小遣いも必要になってきます。下の子も来年お金のかかる幼稚園に入園です。本当に苦しくてこの状態から抜け出したいと毎月思いつつ毎月同じ事の繰り返しで嫌になってしまいます。

下の子と私は全て後回しな生活で欲しいものも買えずに我慢している毎日です。いつ何があるかわからないので節約して少し余裕が出たとしても、急な出費があったりするので1円たりとも無駄遣いが出来ませんので気を緩めることが出来ないのが本当に辛いです。

今のところ、毎日ギリギリの状態なので、今後もしかしたらお金を借りないといけない日が来るのかな…と考えてしまってます。
そうなったら、このような⇒【キャッシング借りれる】キャッシングサービスを利用しないといけないのかな…とちょっと不安です。

ぱっと見ですが少額の融資でなおかつ、担保などを準備しなくても素早く資金を貸してくれるというシステムのサービスについて、見慣れたキャッシングだとかカードローンといった名前で使われているものが、かなりの割合になっていると感じている人が大勢いらっしゃることと思います。

実はカードローンを取り扱っている会社には、信販系の会社(クレジットカード会社)、総量規制の対象になる消費者金融系の会社というものがありますから比べてください。銀行関連の会社の場合は、融資を申し込んでから審査完了までに時間が必要で、申し込んでも即日融資については、難しい場合もございます。

新築・増築などの住宅ローンや自動車購入ローンとは異なり、カードローンを利用していただく場合は、使用理由に縛りがないのです。何に使ってもいいものなので、融資の追加ができるようになっているところなど、独特のメリットがあるのが特色です。

新規のキャッシングに利用申し込みをするまでに、努力して正社員以外でもいいから立場の仕事には就職してください。また当然のことながら、その会社での就業年数は長期のほうが、その後の事前審査であなたを有利にするのです。

ウェブページには皆さんの興味が高い即日キャッシングについての内容はたくさん書かれていますが、実際に手続するときのきちんとした申し込みの方法などを紹介しているところが、ほとんどないのが今の状態なのです。

あっという間になんとしても借りたい金額を予定通りにキャッシング可能なのが、消費者金融会社に申し込むことになるネットで話題になっている即日キャッシングです。簡単にできる事前審査の結果が良ければ、申込んだ日のうちに必要としているお金のキャッシングが可能なありがたいサービスです。

私も、以前不妊治療を受けていた時に、費用が足らずキャッシングのお世話になった事があるんですが、凄く助かりましたね。
不妊治療ローン|高額な体外受精・人工授精費用をカードローンで借りる

もしもキャッシングカードの申込書の記載内容に、不備が見つかると、ほとんどのケースで全てを再提出か、訂正するのなら訂正印を押す必要があるので、書類が手元に戻ってきて遅れることになるのです。なかでも自署に限られるケースでは、特に気を付けましょう。

ネット上で、お手軽なキャッシングの利用を申込む手続きは非常に簡単です。パソコンの画面に表示されている、住所氏名・勤務先といった項目の入力を行ってデータを業者に送れば、審査の前の「仮審査」を行うことが、できちゃうのです。

あまり間を空けずに、たくさんのキャッシング会社に、断続的にキャッシングの申込をしていた人は、現金確保のために駆けずり回っているような、疑念を抱かせるので、結局事前に行われる審査で相当マイナスの効果があるのです。

完全無利息によるキャッシング登場したときは、新規に申し込んだキャッシングに対して、借入から最初の1週間だけ無利息にしてくれていたのです。その当時とは違って、最近の動向は何倍も長いなんと30日間無利息というサービスが、無利息期間の最長のものとなっているのです。

急な出費に対応できる注目のカードローンなんですが、利用の仕方がまずければ、多重債務発生の主因となってしまってもおかしくないのです。多くの人が使っていてもローンは、お金を借りることであるということを完済するまで覚えておいてください。

最近ずいぶんと普及したキャッシングの申込をする方法というのは、これまでにもあった店舗の窓口にお越しいただくだけでなく、ファクシミリや郵送、さらにはウェブサイト等さまざまな種類の方法が用意されています。同じキャッシングでも一つに限らず複数の申込み方法から、好きなものを選んで申し込めるものもあります。

軽く考えて滞納などを何回も続けると、それにより本人のキャッシングに関する実態が悪くなり、キャッシングの平均よりもかなり低い金額で借りようと思っても、簡単な審査の結果が悪いので借りることができないという方が実際にいるのです。

キャッシングで貸してもらおうといろいろ考えている方は、まとまったお金が、とにかく大急ぎで口座に振り込んでほしいという方が、多数派に違いありません。最近は信じられませんが、審査に必要な時間1秒で借りることができる即日キャッシングが評判になっています。

いっぱいあるカードローンの会社のやり方によって、全く違う部分もあるわけですが、どこでもカードローンの取り扱いがある会社は事前に審査を行って、融資を希望している人に、即日融資として準備することが適当であるかどうか決めるという流れなのです。

必要なときに必要な金額のお金が手元になくて困ってしまうことがあります。

そんなとき、私はまず最初に家の中に売れるものはないだろうか?とひとしきり考えて、あちこちを探しまわります。本、CD、DVDがまっさきに思い浮かぶ売りやすいアイテムですが、他にもアクセサリー、洋服、靴、バッグ、着物などの衣類もものによってはいけます。そして食器棚もチェックします。新品未使用のものが眠っていることもあるからです。何気ないものでもほしい人もいるかもしれません。

売り先で一番手っ取り早いのがオンラインのオークションでしょうか。写真をとったり説明文を書いたりするのはちょっと大変ですけれども、なにしろ自宅にいながらにして売れるのは便利です。たとえばモータースポーツ関係イベントのグッズなどはもう私には不要品で、捨ててしまおうかと思ったぐらいですが、いざ出してみると案外と人気があるアイテムであることがわかって、値段がどんどんつりあがっていったこともありました。

その次にはリサイクルショップへの衣類の持ち込みもやります。これは買い取れませんと言われることもあるので、自宅できっちりチェックをして本当に音がつきそうな状態のよいもの、新品のもの、そして有名ブランドものをより分けます。持ち込み数や持ち込み先にもよりますが、けっこうまとまったお金になることもあります。ゴールドを買ってくれるというショップにも足を運びます。手放すのは寂しいけれど、またお金が入るようになったら買えばいいのです。

あとはフリーマーケット。これは一番面倒くさいのだけど、あまり切迫していない状況では時々利用します。こうした品物を売るという方法が、私には一番良いと思っています。

というのも借金はできるだけしたくないからです。ローンの利息のことを考えるとかえって追い詰められそうな気がするし、相手が家族や知り合いでヘルプしてくれる人もいるかもしれませんが、お金がからむと人間関係を壊してしまうリスクもあるからです。即日で消費者金融(即日消費者金融)はお金を貸してくれるのは便利かもしれませんが、それだから余計に怖い気がするので最後の最後の手段にとっておきます。

 

 

結婚をするときに辞職しました。
35才を越えての結婚で、晩婚だったためすぐに子供をもうけようと考えていたからです。
子供を2人出産し、育児もひと段落して、いざ再就職しようと思っていても、40才を越えた今では、なかなか就職先が見つかりません。
一番のネックは子供です。
夫、私の両親ともに健在なのですが、どちらも遠方で離れて暮らしているため、たとえば子供が熱を出したり病気になったりして、幼稚園を休ませなければならなくなった時に、子供を見ていてくれる人がいないのです。
子供たちはまだ幼いですから、一人でお留守番というわけにもいきませんし、夫に仕事を休ませるわけにはいきません。
子供たちは、まだ一か月に一度くらいはどちらかが熱を出したり、風邪をひいたりするような幼い子ですし、幼稚園では熱があれば登園を許してはくれません。
そんな状況になると、私しか面倒を見る人がいないのです。経済的にも余裕がありませんので、ベビーシッターを雇うわけにもいきませんし、子供がどうしようもない時には仕事を好きなように休んでよいなどと言う職場はありません。
子育てと、家庭と、仕事をうまくやっていく方法が見つからず、悩んでいます。
今の我が家の経済状況的にも、私が仕事に出ればだいぶ助かる面はあるのですが、子供たちをないがしろにして仕事に行ってしまうようなことはできませんし、現実的には私が仕事をするのをあきらめるしかないのです。
これからどんどん年を取り、子供たちがある程度大きくなってから、また仕事を探そうにも、年齢的なものがあり今よりももっと就職先は無くなっている状況に陥っているでしょう。
しかし、今のところ打開できるような方法はありませんし、かといって、経済的には苦しいし、困り果てています。

このままでは、いつかお金を借りて生活をしないといけなくなるんじゃないかとものすごく不安がいっぱいです。毎日一生懸命に働いてくれている夫を責めるわけにもいかないので、万が一お金が足りなくなったら、夫に内緒でお金を借りることになるとは思います・・・※夫に内緒でお金を借りる方法※レディースローンで誰にもバレずに借りれる

でも、できる限りはそういったことはしたくありません。託児所のついた職場があれば一番いいんですが、最近ではなかなかないんですよね((+_+))

少しでも節約をするためにお弁当は毎日作っています・・・私のお昼のも一緒に。。小さなことから出費を減らしていけたらです。

弁当 手作り 節約

以前に朝日新聞の関連の会社のパートの事務で勤めていた時に会社の社長から会社を運営する資金や社員に支払うお金が足りないと言われ社長は貸したお金の1.5倍と利子を付けてお金を返済してくれると言ったので馬鹿な私は美味しい話しだと思いお金を貸す事にしました。

社長は最初の内はきちんとお金を返済していてくれたのですが次第に支払いがストップしてしまい困った私は岡崎の市役所に相談に行きました。そうしたらお互いが合意の上でした行為なのでお金の返済は難しいでしょうと言われてしまいました。

毎月のお金の返済金額が多くなってしまい返済が出来なくなってしまいました。結果ブラックリストに載ってどこからもお金を借りる事が出来なくなってしまいました。今でも2社のクレジット会社から借りたお金の返済を毎月しています。

これからいったお金をどこで借りたらいいのやら。。。困りました。

その返済をするのが大変です。また私は洋服を買う事や雑貨類を購入する事やお菓子を作ったりする事が好きなのでそのお金を工面するのにも苦労をしています。以前はパチンコをして儲けたお金は直ぐに使ってしまい負けた時は生活をきりつめていました。

お金に困った時には年末等は友人がコンパニオンの仕事の社長をしているので忘年会のシーズンになるとコンパニオンをしないかとの連絡が入ります。2時間で8000円位貰えるので割りのいいバイトかと思います。

また以前に期日前の選挙のバイトをしていたので選挙の時期になると人が足りない時には派遣会社からまたバイトをして欲しいとの連絡が入ります。市役所で研修をして自分の自宅の近くの選挙の投票所に行ける様にして貰います。時間給が1000円で仕事もさほどえらく無い仕事なのでその話しが来ると金銭的に助かります。

また、母が高齢になってきたので仕事を辞めるかどうしようかと思っています。今は母の収入で生活が成りたっているのでもし母が仕事を辞めたら今後の生活がそうなるかも悩みの点です。

その時の事を考えて、今から少しでも多くのお金を貯めて行かないとな、、、、と感じています。

でも、そんな事を思いながらもついつい無駄遣いを繰り返してしまうんですよね。この前も、コンビニで無駄遣いを。。。

ケーキ
我慢したらいいのに、ついつい自分に甘えてしまい買ってしまいました。1個数百円の安い物だから別にいいか、っておもってしまうんですが、ちりも積もれば山となる、といった言葉があるように、ちょっとの無駄遣いが後々大きくなって帰ってきます。

もう少し危機感持ってやっていかなければ(*_*)

結婚後遠方に引っ越したために仕事をやめて専業主婦になりました。
新しい住居のあるところは、田舎でパートの仕事を探そうにもうまくみつけることができずにいます。

子供がいないので大人2人、やり繰りすれば楽しく生活することも無理ではありませんが、やっぱり独身時代に比べると自分のお小遣いとして使えるお金は減りました。
外で仕事をしていなくても、女性は化粧品や日用品などの細かいものがいろいろと必要になってきます。
夫は「必要なものは気にせずに買いなさい」と言ってくれますが、そこはやはり自分も仕事をしていた期間がそれなりにあるので、どうしても「悪いなあ」と思います。

パートに出たりしてお金を作り出すことができないとなると、後は「細かく工夫して自分の使える額を増やす」しかありません。

最初に取り組んだのは「つもり貯金」です。
お菓子や雑誌など、どうしても必要じゃないのに欲しいなと思ったものは「買ったつもりでその額を貯金箱に入れる」のです。
お菓子はなければ無いで食べないものですし、雑誌に載っているような情報はネットで結構簡単に見つけることができます。
毎月とはいいませんが、3ヶ月程度すると5千円程度のまとまった余剰資金になっていたりすることがあります。
そのときに必要があれば使いますし、とくになければヘソクリ専用口座に入金して後々に備えておいたりします。

衝動買いしたりすることも減りました。

スーパーやドラッグストアの会員カードに入会します。お買い物ポイントが貯まったら、次のお買い物のときに使えたりして便利です。
会員専用の割引デーやポイント増額デーなんかを上手に利用すると、案外早く貯まったりします。
ネットショップも利用します。
ここも会員になったりするとポイントが貯まります。
何より家計から買う日用品などをまとめ買いすると、それなりのポイントが貯まるしそれは自分のお買い物に使ったりすることもできます。
あるいはその分、家計費の中から日用品に使う額が浮くので、それはヘソクリとして貯めることができるのです。

小まめに整理整頓して、不用品でまだ使えたりほとんど新品だけどいらないものはネットオークションに出したりしています。
会費や設備利用料などがかかったりしますが、意外なものが結構いい値段で落札されたりするので面白いです。

自由に使えるお金の額が大幅に減ったということで、いろいろと自分の無駄遣いも見直すきっかけになったと思います。