毎月お金が足りない!収入を増やす方法!!

毎月お金が足りないので収入を増やす方法を考えました。

私は母子家庭で大学に通い、家からはあまり援助は望めなかったので、スーパーでのアルバイトの収入で昼ごはん代などをまかなっていました。
しかし、食べたいものや栄養のありそうなごはんを買うとなると、一度の昼食で500円以上かかってしまうことがよくありました。
また、昼ごはんを買おうと思って買い物に行ったのに、お菓子を見ると食べたくなって買ってしまったり、いらないものまで買ってしまうので、余計な次々にかさんでお金がいつもありませんでした。

時には一人暮らしのアパートの家賃が払えない時もありました。
そんな時には⇒《家賃が払えない・滞納するとどうなる?家賃滞納しない為の対処法》にお世話になりました。

私は、まず昼ごはん代をゼロにできれば相当経済的に楽になると考え、お弁当をつくって持って行くことにしました。
晩ごはんをつくる代わりに家の材料を使わせてもらい、その残りを次の日のお弁当に詰めたり、スーパーで冷凍食品が安売りの日にまとめ買いをして詰めたりしていました。
その結果、お昼ごはん代が浮くし、栄養もしっかりとれるしでいいことがたくさんありました。
しかし、お弁当をつくるとなると朝早起きしなければいけませんでした。
お弁当をつくるためにいつもより1時間~30分早起きして毎日お弁当をつくりました。
お弁当をつくるのが遅くなるとバスの時間に間に合わないし、お弁当を作らないと100円のパンなどでごはんを済ませるしかなくて、正直そこは辛かったです。
また、学年が上がると学校が忙しくなりバイトを続けられなくなり、辞めなければいけなくなりました。

そのころに小額でも生活の足しにできればと思い、バイトの代わりにランサーズをはじめました。
また、昼ごはん代を浮かせた分、私は貯金していました。
その貯金とランサーズのおかげで、バイトを辞めても本当にお金に困ってしまうことはなかったです。将来バイトを辞めないといけなくなることを見越して貯金をしてきてよかったと本当に思います。
他にお金を使っていたことといえば、彼氏とのデートでした。私は彼氏に昼ごはんをつくってあげることが多く、その時のお金はほとんど私の負担だったので、出費としてはそこそこ痛かったです。
しかし食費を節約しようと思ってからは、昼ごはんを作ってあげる日は朝刊のチラシを読んで、その日の安売りのもので昼ごはんをつくるようにしました。
おかげで料理の腕が少し上手くなったような気がします。